エイキの
現場ブログ
BLOG

手壊し解体道具No.1は?・・・「バール」だと富山市解体会社の一人が主張。

こんにちは。

富山市の解体会社、EIKI Inc.(エイキ)です。

今回は、解体時に使う便利な道具について記します。

 

 

解体現場で使う道具。

 

解体現場では、何種類もの道具を使っています。

ブレーカー、ハンマー、のこぎり、スパナ―、チェンソー、ドライバー、、スコップ、、、、、、。

 

どの道具も特徴を活かして、大事な役割を担っています。

現場では、どれ一つ欠かせない道具ですね。

しかし、しかし、あえて申させてください。

私にとって、解体道具の王様は「バール」なのです。

次章から「バール」に絞って記しますね。

 

これ一つで内装解体できる万能道具No.1。

特に屋内での内装解体時では、「バール」さまさまです!!!

「バール」とは、これのこと。 ↓

ご覧になったこと、おありかと思います。

もしかすると、一般的には「くぎ抜き」と呼ばれることが多いかもしれません。

確かに、日曜大工ⅮⅠYでは、釘を抜くときに重宝しますね。

短いもので20cm、長いものでも120cm。

価格は千円~5千円というところでしょうか。

そしてこの道具、くぎ抜き以外にも内装解体現場では多様な使い勝手があるんです。

 

ゼネラリストです。

「釘を抜く」はもちろんですが、

・「壁・床・天井を叩いて壊す」

・「壁・床・天井をバリバリと剥ぎ取る」

・「くっついている物をはがす」

・「畳や床をめくる」

・「ちょっとした備品を構造から取り外す」

・「土を掘る」


万能ですね。


「バール」は「てこの原理」を利用しています。

「てこの原理」を利用する日用品は多数あります。

箸、ピンセット、爪切り、栓抜き、クリップ、ボートのオール、裁断機、、、、。

バールも、「てこの原理」を利用した工具です。

人間一人の力で「釘を抜く」・「壁・床・天井をバリバリと剥ぎ取る」・「備品を取り外す」が可能なのは、すべて「てこの原理」のおかげです。

 

バールだって、「てこの原理」



ところで、どうしてこんな「便利な原理」が地球上にあるのでしょうか?

この世を作った神様仏様のおかげでしょうか???

とても不思議です。

立川志の輔の新作落語「バールのようなもの」。



余談にはなりますが、最後に富山県の宝とも呼ばれたあの立川志の輔師匠の

バールに関する落語のYouTube動画をご紹介します。



バールの新作落語


「バール」が登場する落語は「バールのようなもの」です。

YouTube動画→ 「バールのようなもの」(立川志の輔)

創作落語、新作落語、現代落語といわれるジャンルです。

笑いの渦に飲み込まれること、間違いなしですよ。

以上、解体道具「バール愛」のブログでした~

 

富山市の解体はEIKI Inc.(エイキ)へ

 

富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社EIKI Inc.(エイキ)です!

”For the next generation” 次世代の為に・・・

 

 

 

   -連絡先-   

 

フリーダイヤル 0120-720-252

webお問い合わせはこちら!→「EIKI Inc. お問い合わせ」

LINEでのお問い合わせ、お見積もりも可能です!

 

友だち追加

 

富山市から情報発信中!フォロー&登録よろしくお願いします!

「EIKI Inc. 公式Twitter」

「EIKI Inc. 公式Youtubeチャンネル」

「EIKI Inc. 公式Instagram」

「EIKI Inc. 公式TikTok」

 

有限会社EIKI Inc.は「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

 

エイキでは現在、求人を募集しております!

詳しくはこちら↓

engage

エイキのスタッフSTAFF

『お客様の「困った」を解決いたします!!』
全てはお客様の笑顔のために !!

「私たちは、日本で一番 清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!!」

代表取締役木村 貴之

取締役専務中村 晃志

取締役常務柿沢 誠

営業部長田中 和也

解体事業部長豊田 陽介

アスベスト事業部長道林 敏明

営業野口 茉生